多様なタイプ

更に美しい髪に仕上げませんか?ヘアアイロンと共にコチラではヘアオイルも購入できます。セットで購入すればケアもできます。

いまや白髪染めは市販で買うことも可能になり、種類も多くなってきています。
多くの種類が販売されていますが、最も多くの人が利用しているといえるのがクリームタイプの白髪染めです。
クリームタイプの特徴は、部分染めに適しています。というのも、基本的にクリームタイプは小分けで販売されていることが多いからです。
また、クリーム状になっているので液ダレしにくく、染めたいポイントだけ染めることができます。
液状タイプのもので全体を染めて、クリームタイプでピンポイントの部分を染めるといったことの可能です。
基本的に市販されている白髪染めはクリームタイプが多いので、自分にカラーバリエーションも豊富です。

白髪に素早く馴染んで染まると言われているのが乳液・液状タイプのものです。
クリームタイプに比べるとサラサラした状態なので、手早く髪全体に塗ることができます。
ひと部分だけ白髪が出てきてしまった人よりかは、髪の毛全体に白髪が広がっている人などにおすすめです。
最近では、クリームと液状の間くらいである乳液タイプの白髪染めも人気です。
ムラ無く染まることから、クリームタイプから乳液・液状タイプに変える人も少なくありません。

多様なタイプがある中で最近よくでてきたのが泡タイプの白髪染めです。
これまでのクリームタイプやジェルタイプとは違い、塗りやすいことが人気の秘訣です。
シャンプーの様に泡立てて全体を染めるので、髪の毛全体に浸透しやすい特徴があります。目で見えにくい後頭部などもきれいに染めることができます。
他にも粉末タイプの白髪染めがあります。粉末タイプは、ヘアカラー独特の鼻にさわるような匂いがあまりないので、染めるときの匂いが気になる人に人気があります。
また、必要な量だけ水に溶かして使うので保存もしやすく非常に便利です。
白髪染めはこの粉末タイプが一番初めにでたともいわれているので、市販されているものは昔から売れているものが多くあります。

白髪染め価格帯

一般的に市販されている人気の白髪染めを中心に、種類別に大まかな価格帯を紹介します。ブランドごとにカラーバリエーションが違ったり、ものによっては安かったり高かったりします。

天然の白髪染め

今では、成分にもこだわる人も増えてきていますが、そんな方に人気なのがヘナという植物を使用した白髪染めです。熱帯地方でとられる葉を乾燥させたものでできていますが、ヘナについて詳しく紹介します。

初めての人は

白髪がでてきた、初めて白髪染めをしようと思うがどれを使ったらいいか分からない人はしっかりとした情報を探して得ることが大切です。口コミサイトや商品情報などから、どこを中心に選べばいいかを紹介します。